収容所群島  1

ソルジェニーツィン A.【著】;木村 浩【訳】

「本書は、1917年の革命後、ロシアを支配した残忍で非人間的な政治体制にまつわる痛ましい物語である。」北極圏下の白海に浮かぶソロヴェツキー諸島は中世以来、ロシア正教の聖地であった。ロシア革命後の1923年から、ここに人知を超越した悪魔が住み着き、1929年までの16年間、絶滅収容所としてスターリンに利用されたのである。あらゆる拷問、虐殺の方法がソロヴェツキーで編み出され、やがてソビエト全土に癌瘍のように繁衍し、収容所群島の体を為していった。人類史上稀なる国家犯罪の詳密は、至妙な隠蔽により、今日現在に至るも、闇に葬り去られたままである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 牢獄産業(逮捕
  • わが下水道の歴史
  • 審理
  • 秘密警察
  • 初監房-初恋
  • その年の春
  • 機関室のなかで
  • 幼児期の法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 収容所群島
著作者等 Solzhenit︠s︡yn, Aleksandr Isaevich
木村 浩
ソルジェニーツィン A.
書名ヨミ シュウヨウショグントウ : 1
巻冊次 1
出版元 ブッキング
刊行年月 2006.8.15
ページ数 451,36p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4835442482
NCID BA78294865
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想