妻のオナラ : 夫婦のための幸福論

三浦 朱門【著】

オナラを恥ずかしがる女、その臭いを香水に感じる男。惹かれ合った男女は、結婚するとともに同性化への道を歩み、子どもができる頃には、もはやオナラの音も、臭いも気にならない。そのようにして二人はともに老いてゆき、人生の終着地点で一緒に立ち枯れてくれるのは、永年連れ添った配偶者だけ。恋愛から壮年期、死の準備期間に至るまでを、年代ごとに寓話と自らの経験で語る、三浦流夫婦円満の秘訣。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ああ、夫婦愛とはこれなのか
  • 不毛なる夫婦ケンカ
  • 結婚は果たして恋愛の墓場?
  • 夫婦が"男"と"女"でなくなる時
  • 男の性、女の性は成長する
  • いよいよ峠を越えた
  • 五十の大台に乗った二人
  • かくて迎える定年
  • 偕老同穴
  • 老いても夫婦円満の法
  • 世のため人のため自分のために
  • ああ、やっぱり二人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妻のオナラ : 夫婦のための幸福論
著作者等 三浦 朱門
書名ヨミ ツマノオナラ : フウフノタメノコウフクロン
シリーズ名 サンガ新書
出版元 さんが
刊行年月 2006.8.20
ページ数 267p
大きさ 18cm
ISBN 490167921X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想