怒らないこと : 役立つ初期仏教法話  1

スマナサーラ アルボムッレ【著】<Sumanasara Alubomulle>

昨今では、怒って当たり前、ややもすると怒らないと不甲斐ないとでも言わんばかりです。ブッダは、これに真っ向から反対します。怒ってよい理由などない。怒りは理不尽だ。怒る人は弱者だ。怒らない人にこそ智慧がある。怒らない人は幸せを得る。人類史上もっとも賢明な人は、なぜ怒りを全面否定したのでしょうか。最初期の仏教であるテーラワーダ仏教の長老が、その真意を平明に解き明かします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「怒り」とは何?(「怒り」について誰も知らない
  • 誰も彼もが「怒りたい」 ほか)
  • 第2章 怒りが幸福を壊す(拒絶のエネルギーが強烈になると…
  • 怒るのは仕方がないこと? ほか)
  • 第3章 怒らない人(いちばん強烈な罰、それは無視
  • 本当の「無視」は難しい ほか)
  • 第4章 怒りの治め方(自分の心にある「怒り」に気づくこと
  • 怒りを「抑える」「我慢する」は大間違い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怒らないこと : 役立つ初期仏教法話
著作者等 Sumanasara, Alubomulle
スマナサーラ アルボムッレ
書名ヨミ オコラナイコト : ヤクダツショキブッキョウホウワ : 1
シリーズ名 サンガ新書
巻冊次 1
出版元 さんが
刊行年月 2006.8.20
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 4901679201
NCID BA79175409
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想