えんぴつで百人一首 : 懐かしい歌を書き写してみませんか

鈴木 啓水【お手本・監修】

秀歌中の秀歌「小倉百人一首」を、通信講座やカルチャースクールでおなじみの鈴木啓水先生の美しいお手本でなぞり、清書します。子どもの頃に遊んだ懐かしい歌を、一首一首丁寧に書くことで、昔の歌人の心を知り、古典の世界に触れられます。分かりやすい解説と訳・筆順の説明や、上の句を見て下の句を書くというように、自分の知識を確認するページも付いています。最後に百首書き上げる頃には、今まで知らなかった「百人一首」の奥深さを実感できることでしょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ(天智天皇)
  • 春すぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山(持統天皇)
  • 足曳の山鳥の尾のしだり尾の長々し夜を独りかも寝む(柿本人麻呂)
  • 田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ(山部赤人)
  • 奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声きくときぞ秋はかなしき(猿丸大夫)
  • 鵲の渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞ更けにける(中納言家持)
  • 天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも(安倍仲麿)
  • わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり(喜撰法師)
  • 花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに(小野小町)
  • これやこの行くもかへるも別れては知るも知らぬも逢坂の関(蝉丸)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 えんぴつで百人一首 : 懐かしい歌を書き写してみませんか
著作者等 鈴木 啓水
書名ヨミ エンピツデヒャクニンイッシュ : ナツカシイウタヲカキウツシテミマセンカ
出版元 英知出版
刊行年月 2006.8.15
ページ数 172p
大きさ 21×19cm
ISBN 475422065X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想