免疫活性療法で専門医が注目する「高濃度」紅プロポリス

「紅プロポリス」取材チーム【編著】;パーク ヨーン・K.【監修】<Park Yong Kun>

「プロポリスの女王」といわれる超希少なブラジル産の紅色プロポリス。その目を見張る抗酸化力、抗菌力はどこからくるのか?代替療法で評価され、東欧で医薬品になっている強力パワーの秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高濃度"紅プロポリス"とは何か?(代替療法とプロポリスの実力
  • 生活習慣病の治療で注目される紅プロポリス)
  • 第2章 なぜ専門家は高濃度"紅プロポリス"を代替療法で注目しているのか(人類の歴史と深く関わりのあるプロポリスの代替療法
  • 新たに出現した新種、高濃度"紅プロポリス"の威力 ほか)
  • 第3章 ガン治療は三大療法だけでいいのか?(ガンの治癒率は向上しているのだろうか?
  • 三大療法は限界にきている ほか)
  • 第4章 ガン治療も「病(やまい)は気から」の気持ちで取り組む-心のケアは大事な補助治療(ガンイコール死ではない
  • 免疫力を下げてしまう精神的ストレス ほか)
  • 第5章 生活習慣で変わるガンの治り方(ガンをつくる生活習慣
  • 「ガン予防十二ヵ条+二ヵ条」の「十四ヵ条」でガンを予防する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫活性療法で専門医が注目する「高濃度」紅プロポリス
著作者等 Park Yong KUn
Park Yong Kun
パーク ヨーン・K.
紅プロポリス取材チーム
「紅プロポリス」取材チーム
書名ヨミ メンエキカッセイリョウホウデセンモンイガチュウモクスルコウノウドベニプロポリス
出版元 ジーオー企画出版
ベルブックス
刊行年月 2006.6.30
ページ数 174p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4921165300
NCID BA86242368
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想