観光と交通 : 交通学研究  2005年研究年報

日本交通学会【編】

[目次]

  • 統一論題 観光と交通(ストック消費と観光旅行需要-家計の金融資産保有額の視点から
  • 訪日外国人観光客の観光行動の把握手法の試行及びその結果の分析について
  • ツーリズムサテライト会計の意義と課題
  • 「観光立国」への疑問-インバウンド観光政策と関連交通政策におけるオープン化の必要性)
  • 自由論題(ドイツにおける近距離公共交通の地方分権化と競争政策の導入
  • ルーラル地域における非営利組織交通サービスの維持可能性と課題-英国コミュニティー・トランスポートとデボン県の事例を中心として
  • 地域連携による地域間道路の整備制度に関する一般均衡分析
  • 都市交通管理施策決定のための交通ネットワーク均衡に基づく分析的枠組み
  • 交通均衡分析を用いた都市高速道路の対距離料金制度の検討 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観光と交通 : 交通学研究
著作者等 日本交通学会
書名ヨミ カンコウトコウツウ : コウツウガクケンキュウ : 2005
巻冊次 2005年研究年報
出版元 日本交通学会
運輸調査局
刊行年月 2006.3.31
ページ数 291p
大きさ 26cm(B5)
ISSN 03873137
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想