編集長の庭球浪漫紀行 : センターコートまでの2万4,000マイル

宮城 黎子【著】

松岡修造、伊達公子からフェデラー、シャラポワまで。「テニスクラシック・ブレーク」の人気連載コラムで振り返る世界と日本のテニスシーン。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界のテニス・日本のテニス・そしてテニスクラシックの歴史(1998年1月号・近くて遠いグランドスラム
  • 2000年2月号・私的ラケット進化論 ほか)
  • 日本選手編(1994年10月号・時間と空間を操る四次元テニス-伊達公子
  • 1995年4月号・血と環境、経験と努力で培った、沢松奈生子の全盛期がやがてくる-沢松奈生子 ほか)
  • 海外選手編(1994年11月号・ボクサーの目とスピードが、世界一のレシーブにつながる-アンドレ・アガシ
  • 1995年1月号・テニスを愛し、楽しむ気持ちが、明るい根性の源となる-アランチャ・サンチェス・ビカリオ ほか)
  • 1994〜2006年主要大会優勝者リスト
  • デビスカップ・フェドカップ編(1996年7月号・有明でスペインをやっつけて日本は世界一になる!
  • 1996年8月号・テニス色の光を導くレディースたち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 編集長の庭球浪漫紀行 : センターコートまでの2万4,000マイル
著作者等 宮城 黎子
書名ヨミ ヘンシュウチョウノテイキュウロウマンキコウ : センターコートマデノニマンヨンセンマイル
出版元 日本文化出版
刊行年月 2006.6.20
ページ数 301p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 489084130X
NCID BA77999956
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想