ゲノムワイドに展開するエピジェネティクス医科学 : DNAメチル化・タンパク質修飾の制御システムから疾患解明と創薬をめざした解析技術まで

中尾 光善;塩田 邦郎;牛島 俊和;佐々木 裕之【編】

発生・再生、癌、老化、遺伝などの生命現象は、細胞の個性を確立・維持・消去することでなされている。そこでは、同じゲノムをもつ細胞が異なる細胞に変化する。その変化はゲノムとクロマチンに記憶される。選択的な遺伝子発現が細胞個性をつくり、次の世代に遺伝情報が伝えられる。これらはエピジェネティックな制御を基礎としている。また、エピジェネティクスの制御異常はさまざまな細胞病態を引き起こすために、ヒト疾患発症の分子機構、診断・治療に資すると大きく期待されている。本書では、医学・生命科学との結びつきに重点を置いた「エピジェネティクス医科学」を提唱する。6章に分け、最新の情報を集約する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エピジェネティクスの制御システム
  • 第2章 ヒストン等のタンパク質修飾
  • 第3章 染色体と細胞核構造
  • 第4章 生命現象との関わり
  • 第5章 エピジェネティクスと疾患
  • 第6章 最新の解析ストラテジーとエピジェネティクス創薬

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲノムワイドに展開するエピジェネティクス医科学 : DNAメチル化・タンパク質修飾の制御システムから疾患解明と創薬をめざした解析技術まで
著作者等 佐々木 裕之
塩田 邦郎
牛島 俊和
中尾 光善
書名ヨミ ゲノムワイドニテンカイスルエピジェネティクスイカガク : ディーエヌエーメチルカタンパクシツシュウショクノセイギョシステムカラシッカンカイメイトソウヤクヲメザシタカイセキギジュツマデ
出版元 羊土社
刊行年月 2006.5.30
ページ数 238,9p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4758102708
NCID BA76836628
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想