日本語科学  19

国立国語研究所『日本語科学』編集委員会【編】

[目次]

  • 研究論文(敬語動詞における日本語学習者の中間言語の量的研究-中国人および韓国人学習者と日本語母語話者との比較から
  • 新潟県南部方言のオ段長音開合現象-老年男・女各1名の音響的実相及び発音口形の比較
  • 指示表現の情意-語り手の視点ストラテジーとして
  • 近代関西語の順接仮定表現-ナラからタラへの交代をめぐって)
  • 調査報告 宇和島方言アクセントについて
  • 研究ノート コア図式を用いた多義動詞「とる」の認知意味論的説明
  • 研究所報告(シソーラスの可能性
  • 『分類語彙表』の特徴と位置付け)
  • 世界の言語研究所(19)言語資料コンソーシアム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語科学
著作者等 国立国語研究所
国立国語研究所『日本語科学』編集委員会
書名ヨミ ニホンゴカガク : 19
巻冊次 19
出版元 国書刊行会
刊行年月 2006.4.25
ページ数 172p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 433604693X
NCID BA3125268X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想