法主体のゆくえ

日本法社会学会【編】

[目次]

  • シンポジウム・法主体のゆくえ(全体会『法主体のゆくえ』
  • 第1分科会『承認の政治と法主体』 ほか)
  • 司法改革の視点(Can Justice Be Taught?:Some Good and Bad Lessons from United States Law Schools)
  • 論説(紛争過程分析における千葉理論の所在-法規則・法前提のダイコトミーをめぐる方法論的提言
  • 生殖技術利用と夫婦-ジェンダーの視点から)
  • 世界の学界動向(2005年度RCSLパリ大会に参加して
  • ヨーロッパ心理と法学会・国際法言語学会)
  • 書評(飯田高著『"法と経済学"の社会規範理論』
  • 長谷川貴陽史著『都市コミュニティと法-建築協定・地区計画による公共空間の形成』)
  • 欧文抄録・学会記事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法主体のゆくえ
著作者等 日本法社会学会
書名ヨミ ホウシュタイノユクエ
シリーズ名 法社会学 第64号
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.3.30
ページ数 288p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641125058
ISSN 04376161
NCID BA76374770
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想