読めば解かる!作詞術・101の秘密

相良 光紀【著】

作詞をするという作業は、自分の魂と向かい合うことでもある。音楽をつくる上で、オーディエンスの心に届く詞というのは、テクニックやノウハウでないが故に作詞をうたった本は数少ないのが現状である。だが、日本の音楽シーンを眺めてみても、売れてる曲は歌詞がとても良いのだ!"作詞ができるようになりたい…"その疑問を解決すべく、詞が書けることの難しさの壁に挑戦している一冊であり、キミのアーティスト感性を磨くためにも、この本はバイブルに成りうる一冊だ!!今まで決して触れられなかった、詞を書くということのたくさんのヒントが、この本にはぎっしり詰まっている…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海辺のダイバー
  • 言葉が降りて来る
  • 小説と作詞
  • 詩人たち
  • 映画を観ながらするトレーニング
  • 詩と詞
  • 全裸のジョン・レノン
  • 比喩は自然に心から出てきて欲しい
  • 隠喩について、さらにお勉強
  • 詞の善し悪しは誰が決めるのか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読めば解かる!作詞術・101の秘密
著作者等 相良 光紀
書名ヨミ ヨメバワカルサクシジュツヒャクイチノヒミツ
出版元 ドレミ楽譜出版社
刊行年月 2006.2.20
ページ数 207p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4285107554
NCID BA82010484
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想