「都心衰退」その実態と再生の芽 : 九州経済白書  2006年版

本書では、地域経済・社会において重要な役割を担いながらも、著しく変貌を遂げてきた「都心」をとりあげることとした。都心を形成してきた主要な機能について実態を明らかにするとともに、近年の環境変化を踏まえた都心の新たな動向について分析し、今後の都心の位置づけや担うべき役割について検討した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 都心をとりまく環境変化
  • 1章 変調をきたす地方中枢・中核都市の都心
  • 2章 衰退する地方中小都市の都心
  • 3章 都心の新たな可能性
  • 4章 都心再生に向けて
  • 主要都市編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「都心衰退」その実態と再生の芽 : 九州経済白書
書名ヨミ トシンスイタイソノジッタイトサイセイノメ : キュウシュウケイザイハクショ : 2006
巻冊次 2006年版
出版元 九州経済調査協会
刊行年月 2006.2
ページ数 153p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想