常微分方程式モデル入門 : 応用例で学ぶ微分方程式

アメリキン V.V.【著】;坂本 實【訳】

微分方程式は数学における主要な概念の一つです。微分方程式は、導関数(または、微分)があらかじめ与えられている条件を満足するような関数を求める方程式です。現実の現象あるいは過程を研究して得られる微分方程式のことを、この現象または過程の微分方程式モデルといいます。本書では、方程式に含まれる未知関数が1変数の関数であることが特徴である、いわゆる常微分方程式で記述されるモデルだけを考察します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 微分方程式モデルをつくることと解くこと(二つのコーヒーのうちどちらが温かいか?
  • 熱の定常的な流れ
  • 自然保護区でのできごと
  • 容器からの液体の流出.水時計 ほか)
  • 第2章 微分方程式モデルの定性的研究方法(磁石の針の等傾曲線
  • エンジニアが解の存在と一意性の定理をどうしても知っていなければならないわけ
  • 2階の方程式の力学的解釈
  • 力学における保存系 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 常微分方程式モデル入門 : 応用例で学ぶ微分方程式
著作者等 Amelʹkin, V. V.
坂本 実
坂本 實
アメリキン V.V.
書名ヨミ ジョウビブンホウテイシキモデルニュウモン : オウヨウレイデマナブビブンホウテイシキ
出版元 森北出版
刊行年月 2006.2.1
版表示 POD版
ページ数 159p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4627074492
NCID BA76875335
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想