日本の動き・世界の動き : 海洋白書  2006

海洋政策研究財団【編】

海洋政策研究財団は、多方面にわたる海洋・沿岸域に関する出来事や活動を「海洋の総合的管理」の視点にたって分野横断的に整理分析し、わが国の海洋問題に対する全体的・総合的な取り組みに資することを目的として「海洋白書」を創刊している。その海洋白書が、今年で第3号となった。これまでと同様、3部の構成とし、第1部では特に本年報告したい事項を、第2部では海洋に関する日本および世界の1年間余の動きを、それぞれ記述して、第3部には、第1部および第2部で取り上げている課題や出来事・活動に関する重要資料を掲載した。今年の白書の第1部は、海洋の経済的価値を考察している。簡単なことではないが、環境の経済的価値についても記述した。また、スマトラ島沖の大地震による巨大津波があったのが1年余前であるが、あらためて、海洋にかかわる科学と防災について記述した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 かけがえのない海(海洋の重要課題
  • 海の価値
  • 海洋の管理
  • 海上輸送の安全保障
  • 科学と防災)
  • 第2部 日本の動き、世界の動き
  • 第3部 参考にしたい資料・データ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の動き・世界の動き : 海洋白書
著作者等 シップアンドオーシャン財団海洋政策研究所
海洋政策研究財団
書名ヨミ ニホンノウゴキセカイノウゴキ : カイヨウハクショ : 2006
巻冊次 2006
出版元 成山堂書店
刊行年月 2006.2.18
ページ数 214p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4425530837
NCID BA65942893
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想