特集 フレーゲの現代性 : 科学哲学  38巻 2号

日本科学哲学会【編】

[目次]

  • フレーゲ論理哲学的探究の認識論的位相とメタ理論の可能性
  • フレーゲの計算機科学への影響
  • フレーゲのGedankeとラッセルのProposition-"On Denoting"の意義について
  • フレーゲ:論理の普遍性とメタ体系的観点
  • 応用科学哲学の問題としてのリスク
  • 因果的先回りケースにおける原因と結果
  • クワインの物理主義と自然化された認識論
  • 表象としての経験
  • 討論 重永哲也氏の書評論文に答えて
  • 書評 伊勢田哲治著『認識論を社会化する』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 フレーゲの現代性 : 科学哲学
著作者等 日本科学哲学会
書名ヨミ トクシュウフレーゲノゲンダイセイ : カガクテツガク : 2
巻冊次 38巻 2号
出版元 日本科学哲学会
駿河台出版社
刊行年月 2005.12.25
ページ数 153p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4411901692
ISSN 02893428
NCID BA75436522
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想