特集・第1回交流集会記録 : ハンセン病市民学会年報  2005

二〇〇五年五月、熊本県の国立ハンセン病療養所菊池恵楓園で、ハンセン病市民学会が産声をあげた。「交流」と「検証」と「提言」を活動の三本柱に掲げる、すべての市民に開かれた学会である。本誌には、設立総会・第一回交流集会の記録、論文二本と実践報告五本の投稿に加え、資料として、去る一〇月二五日に判決が出された韓国ソロクト・台湾楽生院訴訟に関する市民学会の声明と、就任したばかりの川崎厚生労働大臣に宛てた控訴せずに早期救済を求める要請書を収録した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 第一回交流集会記録(記念講演・ハンセン病問題と現代社会を結んで考える
  • シンポジウム・ハンセン病市民学会に期待するもの
  • 「検証」と「提言」のために
  • 市民交流会)
  • 論文(ベトナム南部におけるハンセン病患者の状況と障害度-ベンサン病院およびハンセン病村調査結果より
  • 後藤昌文・昌直父子と起廃病院の事績について)
  • 実践報告(ハンセン病問題の全面解決へ-歩み続ける青年たち
  • 生きる(心の)つながりを求めて-ハンセン病回復者との交流を通して
  • 韓国ハンセン病快復者定着村における日韓合同ワークキャンプの取り組み
  • 北海道(救らい)ハンセン病協会の歩み-会報『すずらん』を中心に
  • 希望の道-IDEAジャパンの活動)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集・第1回交流集会記録 : ハンセン病市民学会年報
書名ヨミ トクシュウダイイッカイコウリュウシュウカイキロク : ハンセンビョウシミンガッカイネンポウ : 2005
巻冊次 2005
出版元 ハンセン病市民学会
世界書院
刊行年月 2005.12.31
ページ数 212p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4792720842
NCID BA76886309
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想