ロダンの言葉 覆刻

高村 光太郎【訳編】

ロダンの著作と実作によって導かれた光太郎が、西洋彫刻、ブロンズという未開拓の荒野に新しい鍬を入れて、そこにはじめて日本の近代彫刻が始まったともいえる。そのため、この本は、光太郎が訳し大正5年9月に上梓されると、彫刻や芸術を目指す若い青年に圧倒的な支持を得て、多大な影響を及ぼした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロダンの手記
  • ジユヂト クラデル筆録
  • ポール グゼル筆録
  • カミーユ モークレール筆録
  • フレデリク ロートン筆録
  • ロダンの手帳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロダンの言葉 覆刻
著作者等 Rodin, Auguste
高村 光太郎
書名ヨミ ロダンノコトバフッコク
出版元 沖積舎
刊行年月 2005.12.1
版表示 覆刻
ページ数 362,12p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 480603049X
NCID BA76335644
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想