跳び跳びの足跡

古田 嘉人【著】;浜崎 成美子【絵】

日本植民地開拓村としては最も成功したいわば桃源郷…司馬遼太郎氏が台湾紀行の中で絶賛した花蓮郡吉野村。そこで生まれ育った少年が、時のうねりに翻弄されながら、何を感じ、如何に生きたか。その足跡をたどる。そして、今や如何に。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 跳び跳びの足跡
著作者等 浜崎 成美子
古田 嘉人
書名ヨミ トビトビノアシアト
出版元 パレード
星雲社
刊行年月 2004.6.10
ページ数 219p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4434072536
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想