現代日本の金融システム : 金融リテールの経済分析

川口 慎二;古川 顕【編】

[目次]

  • 第1部 金融リテールの分析(リーテイル支払決済手段の多様化とその含意-特に、マイクロペイメントを中心に
  • 複合された確率の認知と危険回避度-Two stage lottery実験による検証
  • イギリスにおける基本銀行口座の導入とその論点
  • 家計の金融資産選択行動-サーベイデータを用いた実証分析)
  • 第2部 金融システムのミクロ分析(中小企業金融におけるリレーションシップ・レンディング
  • 金融機関の健全性と設備投資について-都道府県データを用いた実証分析
  • 日本の銀行のリスク行動に関する展望-コーポレート・ガバナンスの観点から)
  • 第3部 金融システムのマクロ分析(財政金融政策の有効性-誘導型アプローチによる計量分析
  • マネーサプライ・銀行貸出と実体経済の因果性について)
  • 第4部 金融の理論(アーヴィング・フィッシャーの景気循環論)
  • 研究資料
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本の金融システム : 金融リテールの経済分析
著作者等 古川 顕
川口 慎二
金融システム研究会
書名ヨミ ゲンダイニホンノキンユウシステム : キンユウリテールノケイザイブンセキ
シリーズ名 金融システム研究会報告書 第11集
出版元 郵便貯金振興会貯蓄経済研究室
刊行年月 2005.7.15
ページ数 280p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 499023622X
NCID BA72875785
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想