原色小倉百人一首 : 朗詠CDつき

鈴木 日出男;山口 慎一;依田 泰【著】

朗詠で楽しむ王朝絵巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秋の田の仮庵の庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ(天智天皇)
  • 春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山(持統天皇)
  • あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む(柿本人麻呂)
  • 田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ(山部赤人)
  • 奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋は悲しき(猿丸大夫)
  • かささぎの渡せる橋におく霜の白きをみれば夜ぞふけにける(中納言家持)
  • 天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも(安倍仲麿)
  • わが庵は都のたつみしかぞすむ世をうぢ山と人はいふなり(喜撰法師)
  • 花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに(小野小町)
  • これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関(蝉丸)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原色小倉百人一首 : 朗詠CDつき
著作者等 依田 泰
山口 慎一
鈴木 日出男
書名ヨミ ゲンショクオグラヒャクニンイッシュ : ロウエイシーディーツキ
シリーズ名 シグマベスト
出版元 文英堂
刊行年月 2005.11
ページ数 143p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4578100820
NCID BA76597775
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想