癌疾患メディカルノート : 医学生用学習ノート

鈴木 正弘【監修】

診断用X線被曝による発癌リスク、肥満は癌リスクを増大、遺伝性膵癌の遺伝子領域を発見、癌のオーダーメード医療に向けた試み、青年期のライフスタイルが発癌に影響、ほか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • HLA遺伝子タイプに基づく胃癌治療
  • 小児癌生存者の晩期障害
  • Letrozoleが乳癌の再発リスク減少
  • モルヒネが癌増殖を促進
  • 癌治療における薬剤応答予測システムと分子標的治療の可能性
  • 癌治療ワクチンの前臨床試験が成功
  • 癌治療後の寛解程度と再発予測に分子検査が有効
  • 癌予防の経済効果をシュミレートし、年間200億円もの効果を見た
  • 結腸・直腸癌の死者のうち、3分の1の死は未然に防げる
  • インターネットで耳鳴治療〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 癌疾患メディカルノート : 医学生用学習ノート
著作者等 鈴木 正弘
書名ヨミ ガンシッカンメディカルノート : イガクセイヨウガクシュウノート
出版元 St.Columbia University Press
星雲社
刊行年月 2005.12.15
ISBN 4434069209
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想