「戦後日本」と切り結ぶ思想

唯物論研究協会【編】

転換または解体されつつある戦後的価値今まさに60年目の岐路に立つ。戦後の論壇や思想運動・社会運動等の変遷をたどり、その意味を批判的に検討。日本の進むべき道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 「戦後日本」と切り結ぶ思想(「戦後日本」と切り結ぶ思想-特集にあたって
  • 座談会:戦後日本と戦後思想-唯物論の観点から
  • 戦後マルクス主義思想と「近代」
  • 「近代的人間類型」と「戦後」日本-大塚久雄の言説について
  • 「国民の教育権」論における子どもの位置-教育の市民的公共性の成立条件に関する探究の一つとして
  • 戦後労働運動の思想-企業別労働組合論をめぐって
  • 現代の優生学的不平等を克服するために-優生学の新たな把握に向けて
  • <文明あるいは近代>と<個人>と<ナショナルな共同性>-日本哲学の思考類型・和辻倫理学を中心に
  • 戦後日本の女性運動の思想を問う)
  • 思想のフロンティア(日本社会の大転換を生きる青年
  • 「私が歴史の主体であること」、「私と私たちが歴史の主体になる」とは、どういうことか)
  • レヴュー・エッセイ(新自由主義改革の時代におけるアカデミズムの課題-雑誌『ポリティーク』を読む
  • 格差問題を考える-新自由主義とメリトクラシー批判の視点から)
  • インタヴュー ヘーゲル・マルクス・生きている歴史-ジャック・ドント氏との対話
  • 研究論文(心の唯物論と宗教的感情-人の脳はどのように"神"を見るか
  • カウンセリング志向における「世界疎外」を超えるために-現代にも続く「講」の空間から考える
  • 古典力学空間における物理量の位置づけと運動・現象・現実の区別について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「戦後日本」と切り結ぶ思想
著作者等 唯物論研究協会
書名ヨミ センゴニホントキリムスブシソウ
シリーズ名 唯物論研究年誌 第10号
出版元 唯物論研究協会
青木書店
刊行年月 2005.10.18
ページ数 375p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4250205320
NCID BA74010955
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想