代数幾何学

硲 文夫【著】

本書では、現代的な代数幾何学へいきなりぶつかっていくのではなく、まず具体的に「三角数」のいろいろな性質をみていくことから始めて、徐々に代数幾何の世界に足を踏み入れていく、という方針をとった。また、抽象的な概念を導入したときも、必ず具体的な対象でその有用さを確かめていくようにした。その際、抽象的な論理の展開だけでなく、代数的な式変形も必然的に現れることになるが、それも単に等号"="でつないでいくだけでなく、あらゆる等号・推論に「なぜそういうことが成り立つのか」という理由をつけた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • △+△=△?
  • 射影空間
  • 射影多様体
  • 2次超曲面の幾何と数論
  • 接線・接平面・接空間
  • 楕円曲線
  • ネター環・座標環・関数体
  • 局所環
  • 射影と分岐指数
  • ベズーの定理
  • ポンスレの定理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 代数幾何学
著作者等 硲 文夫
書名ヨミ ダイスウキカガク
シリーズ名 数学選書
出版元 森北出版
刊行年月 2005.10.1
版表示 POD版
ページ数 205p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4627038399
NCID BA75083615
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想