労災保険とモラル・ハザード : 北米労災補償制度の法・経済分析

品田 充儀【編著】

[目次]

  • 第1部 北米労災補償制度の特徴と保険財政(北米労災補償法の歴史とその特徴
  • 労災保険における規制と財政の問題
  • 労災補償における民間保険者と公的保険者との比較)
  • 第2部 労災補償制度におけるモラル・ハザード問題(北米の労災保険におけるモラル・ハザードの実証研究
  • 労災補償と職場復帰に関する問題
  • ストレス関連疾患の労災補償をめぐる法政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労災保険とモラル・ハザード : 北米労災補償制度の法・経済分析
著作者等 Gunderson, Morley
Hyatt, Douglas
倉本 幹男
品田 充儀
書名ヨミ ロウサイホケントモラルハザード : ホクベイロウサイホショウセイドノホウケイザイブンセキ
出版元 法律文化社
刊行年月 2005.10.20
ページ数 185p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4589028824
NCID BA74080269
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想