訴訟機能の拡大と政策形成 : 法社会学  第63号

日本法社会学会【編】

[目次]

  • 特集 訴訟機能の拡大と政策形成(企画趣旨
  • 法環境の変容と訴訟機能 ほか)
  • 司法改革の視点(司法過疎とその対策)
  • 論説(2つの逸脱主義的運動-ロベルト・M.アンガーの批判法学運動と新しい社会運動:社会の理想と権利の理想の呼応
  • 戦略としての言説-住民運動における法言説の役割)
  • 世界の学界動向(Law and Psychiatry:The Conjuncture of Two Disciplines)
  • 書評(土井隆義著『"非行少年"の消滅-個性神話と少年犯罪』
  • 河合幹雄著『安全神話崩壊のパラドックス-治安の法社会学』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 訴訟機能の拡大と政策形成 : 法社会学
著作者等 日本法社会学会
書名ヨミ ソショウキノウノカクダイトセイサクケイセイ : ホウシャカイガク : 63
巻冊次 第63号
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.9.30
ページ数 272p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641125031
ISSN 04376161
NCID BA73683542
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想