リバタリアニズムと法理論

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 発題(統一テーマ「リバタリアニズムと法理論」について)
  • 論説・コメント(リバタリアニズムの人間像
  • 自己所有権型リバタリアニズムの批判的検討 ほか)
  • 分科会(伝統論についての一考察-F.A.ハイエクとA.マッキンタイアの比較検討
  • 関係性の権利を考えるために-「関係性」と「権利」の関係 ほか)
  • 研究ノート(自然法論における伝統と近代-B.ティアニー著『自然権の思想』における「許可的自然法」について)
  • 特別寄稿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リバタリアニズムと法理論
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ リバタリアニズムトホウリロン
シリーズ名 法哲学年報 2004
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.9.30
ページ数 206p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 464112504X
ISSN 03872890
NCID BA7381447X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想