漱石と寅彦

沢 英彦【著】

漱石と寅彦にはひとかたならぬ深い人間的交流があり、師弟以上のものがあったと言われる。その全体像を文学作品と共々に検証しその教導するものを具体的に掘り起こしてみようとして、両者の日記、俳句、断片、書簡また作品を中心に遡行し、展開を試みた人生と文学への啓示に富む書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 師弟の出会い
  • 寅彦の「忍草 三」と俳句
  • 漱石と子規の出会いと交遊
  • 寅彦の上京と漱石の留学
  • 漱石の留学と「自己本位」
  • 休学前後の寅彦と夏子
  • 漱石の帰国と寅彦の日記
  • 漱石の「英詩十篇」+「水底の感」と寅彦
  • 漱石と寅彦の交遊
  • 漱石の朝日入社と寅彦作品
  • 寅彦の『薮柑子集』と漱石
  • 寅彦の留学と漱石
  • 帰国後の寅彦と漱石
  • 漱石と寅彦の仕事観
  • 漱石の逝去と寅彦

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石と寅彦
著作者等 沢 英彦
書名ヨミ ソウセキトトラヒコ
出版元 沖積舎
刊行年月 2005.10.1
ページ数 622p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4806047120
NCID BA73919423
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想