民事手続法研究  創刊第1号

松本 博之;徳田 和幸【責任編集】

[目次]

  • 既判力の標準時後の形成権行使について(問題の所在
  • 判例の展開と現状
  • 請求異議事由の制限と既判力の失権効との関係 ほか)
  • 欧州司法裁判所における訴訟物の捉え方-申立一般を要素としない訴訟物概念の可能性とそのドイツ訴訟法学への影響について(欧州司法裁判所における訴訟物の捉え方
  • 欧州司法裁判所における訴訟物概念とドイツ法における訴訟物概念との対比
  • 欧州司法裁判所における訴訟物概念はドイツ法に影響を与えうるか ほか)
  • 共有者の共同訴訟の必要性に関する現行ドイツ法の沿革と現状(共同訴訟の必要性に関するCPOの諸規定の成立過程
  • BGB1011条の成立過程
  • 共有者の共同訴訟の必要性に関するドイツ法の現状 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事手続法研究
著作者等 上野 泰男
加波 眞一
勅使川原 和彦
徳田 和幸
松本 博之
鶴田 滋
越山 和広
書名ヨミ ミンジテツズキホウケンキュウ : 1
巻冊次 創刊第1号
出版元 信山社出版
刊行年月 2005.7.20
ページ数 226p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4797233117
NCID BA74377097
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想