グローバリゼーションと社会教育・生涯教育

日本社会教育学会年報編集委員会【編】

[目次]

  • 第1部 グローバリゼーションとは何か(グローバリゼーションと"子ども"の再制度化-児童労働をめぐる論争を中心に
  • グローバリゼーションのもとにおける地域づくり-新たな協同と学習の可能性 ほか)
  • 第2部 グローバリゼーションに向き合う論理と実践(世界と地域を結ぶ学習活動における世界認識の変化-地球市民アカデミアの事例を通して
  • 地域から創り上げる多文化共生教育の理念-「川崎市在日外国人教育基本方針」制定課程を中心として ほか)
  • 第3部 持続可能な開発のための教育(ESD)(成人教育からみた持続可能な開発のための教育の意義と可能性
  • 国連持続可能な開発のための教育の10年(UN‐DESD)における社会教育の課題 ほか)
  • 第4部 グローバリゼーションのもとでの社会教育学研究の課題(「世界社会フォーラム」と成人教育-「もうひとつのグローバリゼーション」のための教育は可能か?
  • グローバル化・地域化・国際化のもとでの生涯学習の意義と課題-欧州連合の教育訓練政策を中心として ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションと社会教育・生涯教育
著作者等 日本社会教育学会
日本社会教育学会年報編集委員会
書名ヨミ グローバリゼーショントシャカイキョウイクショウガイキョウイク
シリーズ名 日本の社会教育 第49集
出版元 東洋館出版社
刊行年月 2005.9.15
ページ数 303p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4491021198
ISSN 05508355
NCID BA73432065
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
<クラブ>主体の生涯教育・学習の可能性 : ローカルから非識字を問い直す 飯田優美
「ローカル」の女性たちの実践知の可能性 : 韓国女性統一運動を中心に 鄭賢卿
「世界シティズンシップ」に向けた成人教育 : M.C.ヌスバウムの議論を手がかりに 林美輝
「世界社会フォーラム」と成人教育 : 「もうひとつのグローバリゼーション」のための教育は可能か? 吉田正純
グローバリゼーションと<子ども>の再制度化 : 児童労働をめぐる論争を中心に 前平泰志
グローバリゼーションと社会教育研究の課題 高橋満
グローバリゼーションのもとにおける地域づくり : 新たな協同と学習の可能性 山田定市
グローバリゼーションをどうとらえるか : <帝国(Empire)>の理解を通じて 水嶋一憲
グローバル化における地場産業の伝統技術と生涯学習 : 秋田県稲川町の川連漆器産業を事例として 石沢真貴
グローバル化・地域化・国際化のもとでの生涯学習の意義と課題 : 欧州連合の教育訓練政策を中心として 鶴田洋子
世界と地域を結ぶ学習活動における世界認識の変化 : 地球市民アカデミアの事例を通して 上條直美
国連持続可能な開発のための教育の10年(UN-DESD)における社会教育の課題 降旗信一
地域から創り上げる多文化共生教育の理念 : 「川崎市在日外国人教育基本方針」制定過程を中心として 金侖貞
多文化共生社会におけるマイノリティ教育の実践 : 1990年代以後日本の華僑・華人教育の動向と可能性 裘暁蘭
成人教育からみた持続可能な開発のための教育の意義と可能性 小栗有子
生活世界に基づいた学びの実践 : ネパールにおける女性たちの読み書きの学びを手がかりにして 長岡智寿子
社会変革の成人教育の世界的連帯 藤村好美
開発教育と持続可能な開発のための教育(ESD) : 参加型社会に向けた社会教育の役割 田中治彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想