平成2‐7‐12年接続産業連関表 総合解説編

総務省【編集責任】

平成2‐7‐12年接続産業連関表は、時系列分析を容易にするため、平成12年産業連関表の部門分類に合わせて平成2年及び7年の産業連関表の計数を改訂したものであり、平成12年産業連関表と同様、総務省、内閣府、金融庁、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省の10府省庁の共同作業として作成されたものである。本報告書は、平成2‐7‐12年接続産業連関表の作成機関と作成概要、時価評価接続産業連関表の作成方法、固定価格評価接続産業連関表の作成方法、接続産業連関表付帯表の作成方法、部門別概念・定義・範囲等が掲載されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 平成2‐7‐12年接続産業連関表の作成概要(作成機関と作成概要
  • 接続産業連関表の概要)
  • 第2部 平成2‐7‐12年接続産業連関表部門分類表及び部門別概念・定義・範囲
  • 第3部 インフレータ作成の詳細
  • 第4部 平成2‐7‐12年接続産業連関表からみた経済構造の推移(総供給の構成と伸び
  • 国内生産額の推移 ほか)
  • 付録(32部門表(統合大分類表)
  • 13部門表(ひな型))
  • 参考(産業連関表の沿革と我が国における作成状況
  • 平成2‐7‐12年接続産業連関表作成機関等名簿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平成2‐7‐12年接続産業連関表 総合解説編
著作者等 総務省
書名ヨミ ヘイセイニナナジュウニネンセツゾクサンギョウレンカンヒョウソウゴウカイセツヘン
出版元 全国統計協会連合会
刊行年月 2005.7
ページ数 355p
大きさ 31×22cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想