学城  第2号

日本弁証法論理学研究会【編】

[目次]

  • 巻頭言-「学問とは何か」を問える学者なき時代を憂いて
  • マルクス「国家論」の原点を問う(二)-ヘーゲルから継承した市民社会と国家の二重性について
  • 学的国家論への序章(二)-滝村国家論を問う
  • エンゲルス『フォイエルバッハ論』にみる、ヘーゲル哲学の真の学問的意義とは-自然科学の新時代はいかにして拓かれたか
  • 古代ギリシャの学問とは何か(二)
  • 古代ギリシャ哲学、その学び方への招待(二)
  • 「医学原論」講義(第二回)-時代が求める医学の復権
  • 学問形成のために問う医学の歴史(二)-医学史とは何か
  • 日本近代医学教育百五十年の歴史を問う-医学教育論序説
  • 人間一般から説く障害児教育とは何か〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学城
著作者等 日本弁証法論理学研究会
書名ヨミ ガクジョウZAKHEMSP : 2
巻冊次 第2号
出版元 現代社
刊行年月 2005.8.30
ページ数 234p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4874741193
NCID BA69824527
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想