精神科領域の個人情報についてどう考えるか : 個人情報保護法の全面施行にあたって

佐藤 忠彦;萱間 真美;大塚 淳子【著】;川副 泰成【司会】

[目次]

  • 個人情報に関する内外の経験から
  • 個人情報保護法、ガイドライン、カルテの電子化
  • 治療・援助と「第三者提供」
  • それは誰の個人情報なのか
  • カルテ開示とインフォームド・コンセント
  • 医療・福祉の現場は想定されているのか
  • 現場での試行錯誤が続く
  • 学会発表、事例検討、病歴聴取
  • おわりに-今後について
  • 座談会を終えて-解説に代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神科領域の個人情報についてどう考えるか : 個人情報保護法の全面施行にあたって
著作者等 萱間 真美
大塚 淳子
川副 泰成
佐藤 忠彦
書名ヨミ セイシンカリョウイキノコジンジョウホウニツイテドウカンガエルカ : コジンジョウホウホゴホウノゼンメンシコウニアタッテ
出版元 星和書店
刊行年月 2005.7.23
ページ数 42p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 479116038X
ISSN 02880512
NCID BA73976802
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想