陽は中空を過ぎて : ある在日朝鮮人一世の定年後

朴 東廉【著】《パク トンリョム》

定年後、新しく起業する。無理のない運動を継続し、新しい外国語に取り組む。故郷を訪ね、昔の友と語らう。第二の人生のスタートに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 私はかくして社長になった
  • 2 私の健康法
  • 3 ハングル能力検定協会と私
  • 4 若い中国人女性との交友
  • 5 五十数年ぶりの故郷訪問
  • 6 第二のふるさと木浦を訪ねて
  • 7 釜山市内と新羅の古都慶州を訪ねて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陽は中空を過ぎて : ある在日朝鮮人一世の定年後
著作者等 朴 東廉
書名ヨミ ヒハチュウクウヲスギテ : アルザイニチチョウセンジンイッセイノテイネンゴ
出版元 新幹社
刊行年月 2005.8.1
ページ数 235p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4884000501
NCID BA73385001
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想