シンポジウム 神話・宗教・哲学 : シェリング年報  第13号('05)

日本シェリング協会【編】

[目次]

  • 公開講演(逍遙とシェリングを結ぶ線-明治美学史の一断面)
  • シンポジウム 神話・宗教・哲学(ヘーゲルの「トリムールティ」理解
  • 後期シェリングにおける神話・宗教・哲学
  • 司会報告)
  • クロス討論 フリードリヒ・シュレーゲルの生の哲学の諸相(フリードリヒ・シュレーゲルの「生の哲学」の構造-『超越論的哲学』から『言語と言葉の哲学』まで
  • フリードリヒ・シュレーゲルの超越論的哲学と生の哲学
  • 司会報告)
  • 特別報告 シェリング没後百五十年記念講演(主観性から現実性へ-シェリングの後期哲学への道)
  • 論文(恋人たちの神話-「新しい神話」における「無限なるもの」とその伝達
  • カッシーラー『国家の神話』における政治的神話批判の意義)
  • 書評(山口和子著『後期シェリングと神話』(晃洋書房、二〇〇四年)
  • 松山寿一・加国尚志編著『シェリング自然哲学への誘い』(晃洋書房、二〇〇四年)
  • 松山寿一著『人間と悪-処女作「悪の起源論」を読む』『人間と自然-シェリング自然哲学を理解するために』(萌書房、二〇〇四年)
  • 日本シェリング協会活動報告)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シンポジウム 神話・宗教・哲学 : シェリング年報
著作者等 日本シェリング協会
書名ヨミ シンポジウムシンワシュウキョウテツガク : シェリングネンポウ : 05
巻冊次 第13号('05)
出版元 日本シェリング協会
晃洋書房
刊行年月 2005.8.10
ページ数 104p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4771016852
ISSN 09194622
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想