特集 社会調査の社会学 : 先端社会研究  第2号

先端社会研究編集委員会編

本号は社会調査の方法論と方法、実践をめぐる多様な議論を特集しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論文(説明と物語-社会調査は何をめざすべきか
  • 事例研究再考-生活を組み立てる「力」としての調査研究
  • "フィールド"から"わかる"ということ-"調査"についてのいくつかの考察 ほか)
  • 特別寄稿(変容する都市コミュニティの普遍-都市社会学調査における「共在感覚」の発見)
  • 論文(ある「善行」調査員の視線-関東大震災・東京府善行美績調査員の手記から
  • 生活知のくり出し方-「村の日記」のなかの調査
  • 制御か共感か?-住民による環境調査に見る幸せの形 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 社会調査の社会学 : 先端社会研究
著作者等 先端社会研究編集委員会
古川 彰
書名ヨミ トクシュウシャカイチョウサノシャカイガク : センタンシャカイケンキュウ : 2
巻冊次 第2号
出版元 関西学院大学出版会
刊行年月 2005.3.25
ページ数 399p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4907654723
NCID BA72674535
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想