社会資本の有効活用と上下分離 : 交通学研究  2004年研究年報

日本交通学会【編】

[目次]

  • 統一論題 社会資本の有効活用と上下分離(構造分離・上下分離の機能と役割及びその政策含意
  • 英国の鉄道事業における上下分離政策の意義と限界-BRの分割民営化に関して
  • 地域交通市場における公の運行計画と企業戦略の両立-英国における幹線バスの施設整備と運行
  • 道路公団民営化問題と道路政策理念)
  • 自由論題(路線バス産業の生産性の再検討-効率性分析の系譜とその可能性
  • わが国バス市場における規制緩和とJRバスの経営戦略
  • 環境容量に配慮した都市交通政策に関する理論的視座-ソウルにおける都市バス体系改編の取り組みを中心として
  • ルーラルエリアにおける非在来型輸送サービスの現状と課題-デマンド型乗合タクシーと自家用車によるボランティア輸送を中心に
  • タクシーサービスにおける運賃引下げの可能性-高齢化社会における今後のタクシーサービスのあり方 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会資本の有効活用と上下分離 : 交通学研究
著作者等 日本交通学会
書名ヨミ シャカイシホンノユウコウカツヨウトジョウゲブンリ : コウツウガクケンキュウ : 2004
巻冊次 2004年研究年報
出版元 日本交通学会
刊行年月 2005.3.15
ページ数 354p
大きさ 26cm(B5)
ISSN 03873137
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想