尾陽 : 徳川美術館論集  第2号

徳川美術館【編】

[目次]

  • 皇紀二千六百年の利休-秀吉の近代的受容を手がかりに
  • 徳川義直と広幡忠幸
  • 「藤袋草子絵巻」について
  • 徳川美術館蔵「歌舞伎図巻」にみる流行のさきがけ-男性の髪型と服装の関連に着目して
  • 名古屋東照宮所蔵「東照宮縁起絵巻」の製作背景について
  • 幕末期における公武の女性の服制について-新出の染織資料を中心に
  • 尾張徳川家演能の研究(四)大倉七左衛門家蔵「能囃子組」にみる尾張徳川家の演能-六代継友の時代
  • 国宝・初音蒔絵貝桶、帯箱の修理報告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尾陽 : 徳川美術館論集
著作者等 徳川美術館
徳川黎明会徳川美術館
書名ヨミ ビヨウ : トクガワビジュツカンロンシュウ : 2
巻冊次 第2号
出版元 徳川黎明会
思文閣出版
刊行年月 2005.4.30
ページ数 200p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 478421240X
NCID BA71985223
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想