この母ありて : 看護専門職のキャリアに活かされた母の存在と意味

橋本 和子;道広 睦子;谷田 恵美子【編著】

ここに書かれた誰の母を見ても母は「偉大」で「強」く、「力」あり、くじけずたくましく子どもを暖かく見守り育てていることが文面に溢れています。母から愛され、母を愛することで、心と心が繋がり癒され、生きる勇気が沸いてくるのではないでしょうか。本著書は、母の事を書き残したいと集まった有志の方々の思いを綴ったものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 母への贈り物
  • お母さん、今日も元気でなによりです
  • 哲学を語る母
  • お母さんの手
  • 母より子へそして子より母へ
  • 好きなことをする時間を持つ
  • もうすぐ「ロクイチ」
  • 感謝
  • 母の楽しみ
  • 母が語るもの〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この母ありて : 看護専門職のキャリアに活かされた母の存在と意味
著作者等 谷田 恵美子
道広 睦子
橋本 和子
書名ヨミ コノハハアリテ : カンゴセンモンショクノキャリアニカツカサレタハハノソンザイトイミ
シリーズ名 「看護専門職の人生を育むもの」シリーズ
出版元 星雲社
西日本法規出版
刊行年月 2003.3.24
ページ数 179p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4861861314
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想