美空ひばりは鶴だった

麻生 千晶【著】

栄光の陰に非業あり。戦後史を駆け抜けた大歌手は、民話の主人公のように自らの羽を抜いて機を織ったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 女が望遠した美空ひばり
  • 第1章 人知れぬ血涙のはて(一九八九年六月二四日(土曜日)
  • 出逢い
  • 少女の友
  • マーガレット・オブライエン
  • 初潮教育 ほか)
  • 第2章 美空ひばりと十時間、生で語り合ったプロデューサー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美空ひばりは鶴だった
著作者等 麻生 千晶
書名ヨミ ミソラヒバリハツルダッタ
出版元 扶桑社
産経新聞ニュースサービス
刊行年月 2005.6.10
ページ数 221p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4594049540
NCID BA82651285
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想