干潟の光のなかで

ハンス-ヨゼフ・オルトハイル 著 ; 鈴木久仁子 訳

18世紀末、水の都ヴェネチア。光に満ちた干潟にある日ひとりの美しい若者が打上げられる。伯爵の使用人となったなぞの若者アンドレアは、水と、空、そして光線の輝きと動きとをあるがまま描き出していく。ゴンドラ、運河沿いの隠れ家、人目をしのぶ人妻との逢瀬。そして、激しい嫉妬の果てにおとずれた恋の結末とは-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 干潟の光のなかで
著作者等 Ortheil, Hanns-Josef
鈴木 久仁子
Ortheil Hanns‐Josef
オルトハイル ハンス‐ヨゼフ
書名ヨミ ヒガタ ノ ヒカリ ノ ナカ デ
書名別名 Im Licht der Lagune
出版元 エディションq
クインテッセンス出版
刊行年月 2005.5
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 4874178472
NCID BA72062481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22276691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想