ポスト・イラクの自由と民主主義 : アソシエ  第15号

『アソシエ』編集委員会【編】

今回の特集では、根源的な不安定性を抱えながら普遍主義的に自己を拡張しようとするブッシュのアメリカの現在の在り方に集約されるグローバル化し続ける「自由の帝国」の矛盾を、西欧近代の「自由主義」の原点にまで遡って再考することを試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭座談会 イラク戦争後の世界秩序
  • 1 「自由の帝国」の逆説(自由と安全-イラク戦争後のリベラリズムの行方
  • 「長い二一世紀」における二つの共和主義-シュトラウスとネグリ ほか)
  • 2 イラク戦争後の世界システム(ブッシュ大統領二期目と世界
  • ポストナショナルな世界配置について-イラク戦争後の帝国と国家 ほか)
  • 3 ヘゲモニーと民主化(イラク「民主化」の可能性とアラブ世界
  • 失われた故郷の記憶の抹殺と「占領」という言葉のポリティックス ほか)
  • 書評("過去"認識の焦点 冷戦下・東アジアの闇に抗するもの-徐勝編『東アジアの冷戦と国家テロリズム 米日中心の地域秩序の廃絶をめざして』)
  • 4 論壇時評・反グローバリゼーション(9)(声なき声のコンセンサス-転機を迎えた世界社会フォーラムと合意形成の政治学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポスト・イラクの自由と民主主義 : アソシエ
著作者等 「アソシエ」編集委員会
『アソシエ』編集委員会
書名ヨミ ポストイラクノジユウトミンシュシュギ : アソシエ : 15
巻冊次 第15号
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2005.4.5
ページ数 283p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4275003721
NCID BA71685434
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想