青山マネジメントレビュー  No.7

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科【編】

企業は商品やサービスといった価値を生み出し、利益を上げ、成長を持続させるという経済的制度としてだけではなく、統治的制度として、さらに社会的制度としての側面をも満たさなければ存在し続けることはできない。経済のグローバル化の下で、最も注目されるテーマの一つであるCSRについて、その思想的背景を探るとともに、具体的な方法論、さらには実際の企業の取り組みまで、幅広く取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 共生の理念とCSR
  • CSRと市場社会のコミュニケーション
  • CSR体制構築の手引き「CSRイノベーション」とは何か
  • 「企業の社会的責任」の本質とは何か
  • 企業価値評価のためのCSR会計の基本フレーム
  • 企業の社会的責任の思想-法律家と神学者の対話
  • 西友とウォルマートの包括業務提携に見る企業再生の戦略
  • 東芝「人と、地球の、明日のために。」-東芝グループのCSR活動
  • 雪印乳業「企業の社会的責任」の制度的アプローチ
  • 君川流を汲め、われ薪を拾わん

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青山マネジメントレビュー
著作者等 青山学院大学大学院国際マネジメント研究科
書名ヨミ アオヤママネジメントレビュー : 7
巻冊次 No.7
出版元 プレジデント社
刊行年月 2005.4.1
ページ数 95p
大きさ 28×21cm
ISBN 4833491028
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想