小規模多機能ホームの質を問う : 宅老所・グループホーム白書  2005

宅老所・グループホーム全国ネットワーク;小規模多機能ホーム研究会【編】

昨年版に引き続き本書は、「小規模多機能ケア」に焦点をあてて編集しています。今日的な理解を深めるために、「小規模多機能ホームの源流‐宅老所・グループホームの先駆的実践とその意義‐」について、宅老所全国ネットの現旧の世話人に議論していただくとともに、その発展段階の系譜を詳細にまとめ直しました。また、小規模多機能ケアの根幹をなすケアマネジメントの実際を、実践事例から整理すると同時に、小規模多機能ケアの本質と質の確保のあり方について実践者・評価機関・研究者・行政の立場から議論いただきました。さらには、多様な実践を全国から報告いただくとともに、全国や都道府県の連絡組織の概要、国および地方自治体における制度・施策とその取り組み、民間助成財団の概要をまとめています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宅老所・グループホームの今日的論点(座談会1・小規模多機能ホームの源流-宅老所・グループホームの先駆的実践とその意義
  • 宅老所・グループホームの発展段階
  • 小規模多機能ケアにおけるケアマネジメントの実際-のぞみホームの実践から
  • 座談会2・小規模多機能ケアの質を考える)
  • 機能別の宅老所・グループホームの実践報告
  • 全国連絡会の概要(宅老所・グループホーム全国ネットワーク
  • 小規模多機能ホーム研究会
  • 特定非営利活動法人全国痴呆性高齢者グループホーム協会)
  • 都道府県連絡会の概要(ルポ・都道府県連絡会の現在・これから
  • 各地の連絡会の概要)
  • 資料(国の施策・制度
  • 地方自治体の小規模ケア支援の概要
  • 民間団体の助成制度の概要
  • NPO法人に対する融資制度)
  • 現場で働くすばらしい職員を表彰する「クロッカル・ゴーデン基金」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小規模多機能ホームの質を問う : 宅老所・グループホーム白書
著作者等 宅老所グループホーム全国ネットワーク
小規模多機能ホーム研究会
宅老所グループホーム全国ネットワーク
書名ヨミ ショウキボタキノウホームノシツヲトウ : タクロウショグループホームハクショ : 2005
巻冊次 2005
出版元 全国コミュニティライフサポートセンター
筒井書房
刊行年月 2005.2.26
ページ数 566p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 490194729X
NCID BA46459342
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想