特集 時間の実在性 : 科学哲学  37‐2

日本科学哲学会【編】

[目次]

  • 時間の推移と記述の固定-マクタガートの「矛盾」に対する第一の書き換え
  • 時間と運命論-テイラーとダメットを顧みて
  • 時間が実在するとはどのようなことなのか-マクタガートの時間論の合理的再構成
  • 宿命論について
  • 時制的変化は定義可能か-マクタガートの洞察と失敗
  • 時間の非実在性と知の流儀
  • 議論ごとに異なる意味理論を想定した道具立てについて
  • 量子暗号鍵配布と量子ビットコミットメント-情報理論としての量子力学
  • 科学理論の意味論的概念による物理学的方法論の分析
  • 本質主義は内部崩壊するか?〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 時間の実在性 : 科学哲学
著作者等 日本科学哲学会
書名ヨミ トクシュウジカンノジツザイセイ : カガクテツガク : 2
巻冊次 37‐2
出版元 日本科学哲学会
駿河台出版社
刊行年月 2004.12.25
ページ数 175p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4411901676
ISSN 02893428
NCID BA70847665
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想