尾陽 : 徳川美術館論集  第1号

徳川美術館【編】

[目次]

  • 名物刀剣の銘について
  • 本能寺の変と茶会-松山吟松庵・茶会予告説の復権
  • 「法華経冊子」の成立年代をめぐって-使用された料紙からのアプローチ
  • 国宝「初音の調度」の蒔絵技法に見る特質-梨子地と彫金の施工過程を中心に
  • 尾張徳川家の幕末期における什宝(収蔵品)の種類と数量について(一)絵画・書跡編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 尾陽 : 徳川美術館論集
著作者等 徳川美術館
徳川黎明会徳川美術館
書名ヨミ ビヨウ : トクガワビジュツカンロンシュウ : 1
巻冊次 第1号
出版元 徳川黎明会
思文閣出版
刊行年月 2004.12.10
ページ数 116p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4784212221
NCID BA71985223
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想