歌集 冬の骨

山名 康郎【著】

著者十六年ぶりの歌集。風土に培われた人間の魂を詠うまさに一徹な北の抒情。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 氷湖の神
  • 丹頂に降る牡丹雪
  • 湿原の秋
  • 北半球に花開く
  • 囚人道路・北見峠
  • 秘境・知床岬
  • 野付半島トドワラ
  • 兵たりし日
  • いのちの売値
  • 向日葵の隊列〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歌集 冬の骨
著作者等 山名 康郎
書名ヨミ カシュウフユノホネ
出版元 短歌新聞
短歌新聞社
刊行年月 2005.1.1
ページ数 216p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4803911827
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想