文化政策とアートマネジメント

大木 裕子【著】

日本には、歌舞伎や能などの伝統芸能をはじめとした日本特有の伝統文化がある。他方、オペラ、オーケストラ、バレエといった経費の嵩む舞台芸術団体も、多く存在している。また、最近ではまちづくりや村おこし、といった観点からも文化政策を中核に置こうという動きがある。このような環境の中で、日本の文化政策はどのような方針を持つべきなのか、そして、文化政策によって運営を大きく左右される芸術・文化団体は、どのようにマネジメントされるべきなのか、ということを考えることが、この本の目的である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文化政策編(日本の文化政策
  • 海外の文化政策
  • 寄付優遇税制)
  • 第2部 アートマネジメント編(芸術組織の経営戦略
  • 芸術組織のマーケティング戦略
  • 芸術組織の財務戦略と評価
  • 組織と人)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化政策とアートマネジメント
著作者等 大木 裕子
書名ヨミ ブンカセイサクトアートマネジメント
出版元 西日本法規出版
刊行年月 2004.6.1
ページ数 163p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4861861853
NCID BA67789968
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想