人造美少女ハルナ

おおつ やすたか【著】

さえない童貞、ユウジのもとに人造美少女がやってきた。小柄な黒髪少女ナツキに栗色の髪を持つ背の高い少女ハルナ。彼女たちは光華インダストリーの開発した「リューバ」。「人間を愛し、人間に愛される」ことを目的として造られた少女型人造人間だ。彼女たちの体はまるで人間のように温かく、感情もあり、愛撫をすれば感じるし、感じれば自然と濡れてくる。もちろん女性器は人間の女性と同じ構造だ。いきなり美少女二人と共に生活をすることになったユウジ。まったく女性に免疫のない彼は戸惑いつつもにやけ顔。愛情たっぷりのご飯を作ってくれ、夜のお相手までも…。人造少女たちとの生活を満喫していたユウジだが、ある日少女たちが「検査の為」として研究所に連れて行かれてしまう。研究所に隠された秘密とは?!アンドロイドとクローンの愛しく切ない愛の物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人造美少女ハルナ
著作者等 おおつ やすたか
書名ヨミ ラブロイドハルナ
シリーズ名 すいーとPノベルズ
出版元 ソフトマジック
刊行年月 2005.1.5
ページ数 220p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 486122053X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想