法曹のものの考え方 : ロースクール小論文・面接で上位の得点を取るために

小林 公夫【編著】

本書は、シリーズ第一弾の論理学の側面をもう少し一般化して、法曹の思考力、ひいては法的思考力とは一体どのようなものかについて言及している。ことに、法的思考力の基礎をなすと考えられる「利益衡量」や「人権尊重」の考え方、さらに、客観的事実に基づく思考方法について、丁寧に述べた。本書は、第一部が著者の解説講義、第二部が問題演習という二部で構成されている。その内容、量ともに法曹の基礎を形成するのに十分だろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 講義編「法的思考力とは何か?」(利益衡量の考え方
  • ホームレスの宿舎建設問題における利益衡量
  • 外国人の人権と不法滞在
  • 子どもの最善の利益(「the best interest」)と人身売買の危険性 ほか)
  • 第2部 演習編(かみ合わない議論-法曹の役割
  • 児童虐待-子どもの人権と警察権の力の介入
  • 薬害エイズ事件における利益衡量
  • 利益主体の意思 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法曹のものの考え方 : ロースクール小論文・面接で上位の得点を取るために
著作者等 小林 公夫
書名ヨミ ホウソウノモノノカンガエカタ : ロースクールショウロンブンメンセツデジョウイノトクテンヲトルタメニ
出版元 早稲田経営出版
刊行年月 2004.12.20
ページ数 201p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4847118693
NCID BA7069966X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想