芸術と平和

日本平和学会【編】

国際連帯を図る文学運動。戦争を記憶する現代アート。愛唱される反戦歌などを論じ、平和の価値を表現する芸術の可能性をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文化交流による平和社会の創造への模索
  • 2 文学と平和の危険な関係-「古典」による教育と平和の価値は共存できるか
  • 3 メディア、アート、そして戦争の間に-現代アートと「パブリック・メモリー」の形成
  • 4 越境するトロピカリズモ-ブラジルの前衛大衆音楽と対抗文化運動
  • 5 平和のモデルとしての音楽-音楽の文化的暴力性の問題をめぐって
  • 6 平和研究における音楽の可能性
  • 7 ベトナムの反戦歌-チンコンソンの作品とその普遍性
  • 投稿論文
  • 学会動向-変化の時代における変革の平和学をめざして
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術と平和
著作者等 日本平和学会
書名ヨミ ゲイジュツトヘイワ
シリーズ名 平和研究 第29号
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2004.11.15
ページ数 246p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4657049259
NCID BA69884187
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想